本文へスキップ

株式会社セルサイエンス

TEL. 022-343-5116

〒989-3212 仙台市青葉区芋沢字権現森山82-16


 ご 挨 拶


 人や動物の細胞培養技術は、1885年のドイツの発生生物学者Wilhelm Roux のニワトリ胚組織を直接培養する「組織培養」技術から始まり、1940年以降に細胞の単離した細胞の培養「細胞培養」技術へと大きく進歩ました。この細胞培養技術は様々なウイルスの研究に大きく貢献し、培養細胞を使った多くのワクチンの製造に道を開いてきました。1960年ごろ、細胞の培養に必要不可欠な様々な合成細胞培養液が開発され、ヒトの癌細胞や様々な動物の細胞が培養出来るようになりました。細胞培養液は癌の研究、細胞の栄養要求研究、ウイルス研究などの医学研究領域で広く利用されるだけでなく、ハイブリドーマや遺伝子導入細胞などの人工細胞を使った抗体や生理活性物質の生産などの医薬品産業分野でも利用されてきました。さらに近年、培養細胞を利用して様々な病気を治療する再生細胞医療の臨床研究が始まり、それに伴う細胞培養技術の進展によって細胞培養液は再生細胞医療を実現するための極めて重要な基本要素となりました。
 当社は、長年の「細胞培養液」の研究とその製造技術開発によって得られた多くのノウハウを活用して、日々発展するバイオ医療技術や医薬開発環境の変化に対応する高性能細胞培養液を開発して迅速に提供する事によって再生細胞医療やバイオ医薬品開発に貢献する事を当社の責務としております。

代表取締役社長 佐藤 威

権現森山の夏(Summer)


NEWS新着情報

2016年2月10日
サイトオープン
2018年1月10日
サイトリニューアル

バナースペース

株式会社 セルサイエンス

〒989-3212
仙台市青葉区芋沢字権現森山82-16

TEL 022-343-5116
FAX 022-343-1195